おひるねびより

乙女ゲームについて気まぐれに。

BUSTAFELLOWS 感想 ※ネタバレ注意

 

いや〜〜とっても面白かったです。終わらせるのが惜しいくらい。最近やった乙女ゲームの中では1番ハマりましたしあっという間に終わらせました。乙女ゲーム進めるのが鈍足な私でも1週間以内でフルコンしました。空き時間全部使ってやってた。そのくらい面白かったです。いつもは各ルート終わるごとに感想書いていましたが感想書かずにどんどん進めてフルコンしてまとめて書いているので内容薄目かもです。

以下からネタバレ考慮せずに書いているので未プレイの方はご注意下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ストーリー】

とにかくシナリオが面白い。プレイ前に恋愛過程丁寧!というレビューをよく見かけていた気がしますが恋愛過程は言う程丁寧では無かった気がする。いつ友情→恋に変わったんだろうというキャラもちらほらいたし。でも皆無なわけじゃなく前作のSideKicks!をやった人からしてみたらおお恋愛してるー!と思うはずです。SideAで事件を通して仲を深め合いSideBで恋人になった甘いところも見られる。糖度は完全に補完されてます。でもSideAは仲が深まっていく様子(これを恋愛過程と呼ぶかは人によるかも)は良かったですし何より事件が面白い。なんて言ったらいいんでしょう、シナリオに無駄がない感じがして読み進めててダレません。読みやすいです。

 

【キャラクター】

プレイ前:スケアクロウ→リンボ→モズ→シュウ→ヘルベチカ (攻略順)

プレイ後:スケアクロウ→シュウ→モズ→→→リンボ→→ヘルベチカ

とにかくクロちゃんが可愛い。顔隠す立ち絵可愛すぎ。テウタの事を可愛いって言うクロちゃんが可愛い。でも自分のルートより共通や他のキャラのルートのクロちゃんが好きかも。自分のルートだとちょっとかっこ悪かったしBADENDは気持ちはわかるけどパパ優先でテウタの事は考えてないんだなと思っちゃった。でもクロテウカップルは可愛くて好き。SideBはニコニコしながらやってた。

シュウはほんっっっとうに萌えた。糖度でいったらリンボやヘルベチカの方が上だと思うんだけどあの感じであれはずるいって。テウタの事心の底から大切なんだなって。共通まではテキトーな人なのかなって思ったけど意外と考えてるしお師匠様の意思を継いで一途だし落ち着いてるし変に突き放さないで「迷惑かけたくないけど頼っちゃうかも」みたいな事言うし尊いです。良い感じの年上彼氏って感じ。あんな人いたら私も憧れる。ヤンもお顔も中身もかなりタイプなんだけど本当に女なのかな…。シュウのチャプタータイトルの「The yellow rose of Texas」が洒落ててすごく好きです。

モズはまず本当にお顔が好きです。特に瞳がめちゃくちゃ綺麗。それにプラス多分攻略キャラの中で精神面は1番強いんじゃないかな。他キャラが個別で沈みゆく中モズだけは凛としてた気がする。いつでも冷静ですごく頼りになるし。ユズを見つけた時悲しみにくれるのではなく笑顔で「待たせてごめんね。おかえり。」と言うのはグッときて涙腺崩壊したしその後テウタの前で堪えきれずに泣いてしまうのも私も泣いた。モズのルートは泣ける。クロちゃんとはまた違った意味でのピュアな恋愛ができそうで萌える。

リンボは意外と弱さが目立ってたと思う。もうバッドエンドがキツすぎてね、テウタちゃんのスチルあるのが…。でも付き合ってからは甘々でおっふってなった。でも私は上3人の方が萌えてしまったから多分甘々よりもピュアな方が好きなのかもしれない。

ヘルベチカはこの中で1番過去が重かったのが意外だった。余裕綽々としているよりは弱さを見せていた方が好きですね。ニコラのスチルあったけどそっちの方がお顔がタイプ(小声)。付き合ってからも何だか面倒くさそうだなって思ってしまったごめん。同じ独占欲でも表面的に出してくれた方がまだ萌えられたかも。

 

【真相】

共通から追ってる謎が全員分の個別ENDを観ると真相枠が開放されます。個別はそれぞれキャラの事件メインになるため真相部分は殆ど触れられておらずどのキャラから攻略しても平気なのも頷けます。ってかサブキャラ殆どルイロペス関わってない(笑) フルサークルの方はまさかアレックスがルイロペスの兄弟だとは思ってなかったし地方検事さん(名前忘れた)が真の悪だとは思わなかった。でもこの人立ち絵ある割には影薄いな〜と思ってた。カルメンさんがアレックスのお兄さんの恋人でお兄さんは瀕死状態でって色々繋がってるな〜と。カルメンさんがフルサークルの管理人なのもびっくり。でもそれだけじゃ終わらず次はテウタ兄の真相。テウタ兄がクソすぎてびっくりした。アダムは最初からなんか臭いな〜と思ってたのでやっぱり訳ありかと思いました。でもアダム視点だとだんだん頭がおかしくなっているなと思い訳分からなかったです。アダムがテウタとルカを助けるために兄を殺したのはわかる。でも幻が見えるのは脳腫瘍だから?いつ脳腫瘍にかかったの?と。サウリ先生はヘルベチカルートで良い人やあとなっていたばかりに真の悪人みたいにする必要はあったかなと思ってしまった。個人的な趣向は大団円チャンチャンッってのが好きだから後味悪いなと思ってしまった。でもまたそれも人によっては良さだと思います。

 

【グラフィック】

まず枚数が多い。差分がハンパないスチルあります。イラストも立ち絵と変わりなくシナリオに溶け込んですっと入ってくる感じが良かったです。スチルじゃなくても立ち絵の種類が豊富で後で画像欄見てみたら無いものもありこれって立ち絵だったんだとびっくりしました。キャラ達の瞳がキラキラしてて綺麗で宝石のようだった。各キャラごとのテウタの水着のスチルがあったのが良かった。

 

【その他】

演出がとにかく凄い。背景動く音声重なって聞こえるスマホでビデオ電話車の運転などなど。次回予告があるのが好きです。普通の乙女ゲームとは一味違った感じ。

システムも最初はスキップながーいと思ってたのですがアプデが来てジャンプスキップできるようになりスイスイ快適になりました。

 

 

FD欲しい、または新作でもこんな感じのサスペンスを作っていただきたい。文化放送エクステンドさん。応援してます。