おひるねびより

乙女ゲームについて気まぐれに。

雑談ブログ書いてみようかと

 

ふと何だか胸の奥にウズウズが溜まってるなと。この想いや思考を吐き出したいなと思い色々書くので雑談ブログとしてやってみようかと思います。今、お風呂上がりにほうじ茶ラテを飲みながらスマホでポチポチ。ちなみにほうじ茶ラテが大好きで今まで五種類ほど飲んできましたが伊藤園のほうじ茶ラテ200gが1番好きです。最初に苦味が来て程良い甘さが染み渡る感じが。イオンでいつも買っているのでもし良かったら是非。

 

乙女ゲーム

最初はこのブログの最大の要素となっている乙女ゲームの話から。今は「悠久のティアブレイド LostChronicle」の攻略が佳境に入ってます。多分1月終わると同時にトロコンしそうです。ティアブレの感想記事という名の忘備録はコツコツと書き溜めているので終わったら公開すると思います。今年の目標は月1本ペースで乙女ゲームです。そうするとかなり年間本数が減っちゃうのですが他のことにも時間を使いたいなと思いまして。あとVITAの乙女ゲームも大半をやっているので気になる乙女ゲームがあまり無い!PSPならまだ気になるソフトがあるので壊れかけの充電時間が異様に長いPSPを引きずり出してやってみようかとも思います。Switch以降にも付いていきたいとは思いつつまだ本体を買ってないので消費税上がる前に買いたいと思います。(厳密に言えば本体買ってスプラトゥーン2を2ヶ月やって飽きて他にやるソフトも無かったので売りましたm(._.)m その頃はまだ乙女ゲームがSwitch移行するとは思わなかった…。)Switchはトロフィー機能みたいなものがなく達成感が薄れそうなのが残念ですが。ともかく次にやる作品は悠久のティアブレイドFDになりそうです。あとOZMAFIA!は手元にあるので新作との頃合いをみてプレイします。スカーレットくんとシーザーさんが気になってます。でも2人とも攻略制限かかってると聞いて好きなものは最初に食べる派の私は涙目です。今後の新作ですが金色のコルダオクターヴ喧嘩番長乙女2ndRumble、バリアブルバリケードは購入予定です。特に喧嘩番長乙女の新作は楽しみで楽しみで。仲間としての友情と女の子だと知ってからの恋愛模様が良い作品なのでまたそんな彼等が見れるんだと思うと。新攻略キャラの後輩くんも生意気そうで楽しみですし、吉良の弟くんも獅子吼メンバーに入るのかと思うと掛け合いが楽しみです。掛け合いといえば今度時間があれば掛け合いが面白い乙女ゲームの紹介ブログを作ろうかなと。なかなか見たことないんですよね、掛け合いをテーマに紹介した乙女ゲーム関係のブログ。私みたいに少数ですが掛け合い好きさんもいる!…と思いたいので個人的に好きだったわちゃわちゃを紹介できればなと思います。

 

読書

最近本を読もうと中古本を買ったり図書館に借りに行ったりしています。中学生の頃までは読書が好きで学校でやっていた読書貯金という読書のページ数を記録する試みでこっそり1番だったのですが高校生になってからはからっきし読まなくなってしまいました。あ、こっそりというのは当時の私はこの人馬鹿そうという雰囲気?性格?をしていたので読書してそうには見えなかっただろうなぁと。「バカっぽいのに意外と頭良いよね」って聞き飽きるぐらい言われました…。("意外と"なのでめちゃくちゃ頭良かったわけじゃないです。)話を戻すと小中学生の頃は週1で図書館に通ってました。チャリで10分以内に着く距離だったので部活終わりに気軽に行ってました。その当時好んで読んでたのはカチッとした文学ではなくて児童小説やファンタジー小説だったのですが。夢があるお話が好きで大人が読むような文学はあまり指が進まなかったのです。1回読書家としてはこれは読まなきゃと人間失格を買ったりもしたのですが途中で脱落。数日は暗〜い気分を引きずってました…。思い出せる範囲で当時好きだった本は、児童文学だと「若おかみは小学生」「黒魔女さんが通る」「妖怪ナビ・ルナ」「名探偵夢水清志郎事件ノート」「らくだい魔女フウカシリーズ」「魔天使マテリアル」など、ファンタジー小説だと「ダレン・シャン」「デモナータ」「ペギー・スー」「サーティーナインクルーズ」「西遊記」「ハリー・ポッター」など。当時の読書記録表もう捨てちゃったかな…。取っておけば良かったです。ふと思い出したのですが部活の後輩の男の子に「面白いから読んでみてください!」って差し出されたのがシュタインズゲートラノベってこういうものなんだ〜と感心した覚えがあります。そういえばシュタゲもVITAでゲーム化されてるよね。やってみようかな。日本文学だと有川浩さんが中学時代好きで図書館戦争とか青春のバイブルでした。高校時代唯一読んでいたのが森博嗣さんのすべてがFになるシリーズ。それ以来の読書です。きっかけは年始に観たかくりよの宿飯にハマったこと。ライト文芸というジャンルに児童小説やらファンタジーが好きだった私は惹かれました。まずは富士見L文庫集英社オレンジ文庫の本を漁っていきたいと思います。かくりよは既に購入済み、他の気になった本は図書館で予約済みなので乙女ゲーム休憩時間に読み進めようと思います。乙女ゲームとの両立は1つの物語に集中したいので避けたいです。

 

カードキャプターさくら

年末にdアニメストアで観てハマってしまったカードキャプターさくら。さくらちゃんの可愛さや勇敢さ、登場キャラ達の色々な愛の形、可愛い衣装に面白くて癒されるマスコットキャラ。そして何より小狼との恋がピュアすぎて悶えますすすす。さくらちゃんの成長モノ的にはクロウカード編が1番好きなのですが小狼との恋愛的にはクリアカード編さくらカード編が好きなのです。つまり全部好きです。劇場版も観たくてレンタルショップに行ったりもしたのですがどこも取扱いなし。Amazonで見てみたら廉価版が出てリーズナブルだったので2作品ともポチりました。先に封印されたカードの方を観たのですが小狼とのもどかしい恋愛が堪らない…!1作目もいずれ観ようと思います。マンガ欲しいんですが、なるべく物を少なくしようと頑張っているので書籍類も減らし中なんですよね。だからかさばるのは嫌だなって自分の中で葛藤しています。でもクリアカード編の続きが気になりすぎるからクリアカード編だけ買いそうです。一昨日CCさくらの1番くじが発売されたみたいで買おうか迷ってたんですがグッズ類は手に入った時点で満足して襖の肥やしorメル◯リ行きになっちゃうのでやめました。買ったら満足してしまう習性って厄介です。でも2ヶ月ほど前にあった1番コフレはめちゃくちゃ欲しかったです。その頃CCさくらに出会ってたら絶対買ってたのに…。でも売り切れ続出だったらしいので多分買えなかったな。再販したりまた新たにコフレで販売したら1つは手に入れたいと思います。

 

パーソナルカラー

いま気になってること、私のパーソナルカラーはどの季節(色)なんだろうということです。昔、友達から受けた話を聞いたときも気になっていたのですが自分に似合う色はなんぞやと深く考えだした時にパーソナルカラーを知りたくなりました。ネットに載っている自己診断では季節までは判断できないのですがイエローベースの春秋あたりかなと思っていたのですが家族にそれを見せて判断してもらったら冬だと言われ自己診断じゃ限界だぁ…と思い始めています。似合うお洋服の色も知りたいし何よりベースメイクが肌に合ってない気がしてどういう色味や明るさが合うんだろうと悩んでいるんです。そもそも私の肌は色白らしく今使っている下地は塗ると肌が暗くなってしまうんです。超インドアな上に日光が駄目なので夏の外出時は日傘を挿したりしているせいかもしれません。あとアイシャドウの色やリップの色も何色を使えば映えるのか気になります。調べてみると大丸さんでリーズナブルなお値段でパーソナルカラーを見ていただけるプランがあるとのことなので気になってます。予約が激戦区らしいですが挑戦してみようかな。近場だとなかなか見当たらないし個人店は敷居が高いというかそんな感じがして腰が引けてます。

 

こんな感じで色々最近のアレコレを書いてみました。色々考えながら書いてたら2時間経っていました。もうすっかりほうじ茶ラテも無くなっています。まだ書き足りない反面、スマホで文字を打ち続けるの疲れたなぁという気分です。最後の方、文章おかしくなっていたらすみません。髪も乾かさずに書いていたのでとりあえず髪の毛を乾かして懐かしの本たちに触れて気になってきたので青い鳥文庫やポプラポケット文庫のサイトなどを巡ってきたいなと思います。