読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おひるねびより

乙女ゲームについて気まぐれに。

下天の華 体験版 感想

 

コルダシリーズ、遙か6とハマってきたので自分的にネオロマにハズレはないと思い、下天の華にも興味を持ちました。体験版が出ているということで遙か6幻燈ロンドが届く前にプレイすることに。結果、大変楽しくて下天も欲しくなりました。体験版を出すのは非常に良い戦略だと思います…あまり興味のなかった作品が俄然気になりますから…!もちろん元々の出来が良いのもあるのですが。他会社様も是非体験版を配信してほしいです。下天の華絶対買います。幻燈ロンドが終わる頃に届くようにパッケージ版を買おうと思います(多分)。

 

内容のネタバレはありませんが少しでも真っさらな気持ちでプレイしたい方はご注意ください。

 

さてさて、最初は「カテンノハナ」と読んでいましたのでタイトル画面で「ゲテンノハナ」とキャラ達が言っていて驚きました。この作品の存在を知ってからずっとカテン呼びだったので違和感でしたので自分を納得させようと思いま下天の意味を調べました。

「下天」は、六欲天の最下位の世で、一昼夜は人間界の50年に当たり、住人の定命は500歳とされる。 信長は16世紀の人物なので、「人間」を「人の世」の意味で使っていた。「 人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり」は、「人の世の50年の歳月は、下天の一日にしかあたらない」という意味になる。

ほうほう、難しいですね…。人の世ってことなのかな?人の世のはかなさを表して「下天の華」というタイトルだと把握しました。

グラフィックも気になりました。最初に気になっていたゴツさはだんだん慣れてきますがスチルは同じVITAソフトのコルダ4や遙か6と比べるとうーーんと唸る感じ。いやこの2作品のスチルが美麗すぎるから比べたら駄目なのかな。塗りをもう少し変えたら違ったかもしれません。スチルでも髪の毛ふわふわしたり、目パチがあるのは新鮮でした。

股掛けプレイは厳しそうです…。最初股掛けしたら2話目で全員イベント発生不可になりましたので1人ずつ地道に攻略したほうが良さそうです。

キャラは蘭丸くんが可愛くてかわいくて、かわいくて…萌えました。最初の警戒心とピュアさと気持ちがバラバラなところがよい。可愛いんだけど男らしさもあるから好みです。後の人はまだほとんどのイベント見れていないけど、どうなんでしょうかね。蘭丸くんが良すぎて今のところは一途です。

罪の華エンドも気になります。イメージとしては剣が君にありそうなエンドや絶対階級学園の薔薇ルートっぽいのかな。救いようもないけれど味わい深い的な。というかバッドなんだよね?そこから理解していませんが今から楽しみです。

あと変化の術のお地蔵さんに笑いましたww シリアスシーンでお地蔵でバッド行くのって色々と複雑な気分になり楽しめました。

 

本編とFD(続編?)が合わさっているみたいなのでFDの方には新キャラが出るみたいです。全然どういった話で誰が出るのか把握していませんが、製品版も楽しみです!あえて前情報なしでやろうかな(*^_^*)