読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おひるねびより

乙女ゲームについて気まぐれに。

百花百狼 感想

 

OPがかっこよくて気になり、PVで面白そうとなり購入しました。百花のPVすごく出来が良いと思います。REDさんが開発ということで十三支演義を思いつつやったら、アッサリした十三支演義でした。冤罪で終われるハメになるところも同じ( ;∀;) シナリオ量が気にならなければ十三支好きさんにオススメです。その逆も然りです。「この世で1番悲しい戦い」と謳っていますがその通りなのは2ルートぐらいです。まあ全ルート悲しい戦いなのもそれはそれで辛いと思うのでいい塩梅だと思います。

 

内容のネタバレはありませんが少しでも真っさらでプレイしたい方はご注意ください。

 

【ストーリー】

甲賀忍の長の娘の槐が京で初仕事の五右衛門捕縛をやり遂げ、秀吉から褒賞を授けられると伏見城に入ったところ秀吉が何者かに暗殺され、犯人として槐は終われることになります。大きな展開として2キャラ:3キャラと分かれます。私は2キャラの方のオチがなかなか面白くて好きです。オチのせいで「この世で1番悲しい戦い」が起きるのですがね。3キャラの方は真相がとあるキャラ以外のルートでは明かされずに終わるので攻略順大事かも。同じ追われる展開でも2パターンのルートを使ったことで金太郎飴を回避しているなと思います。2キャラの方は巷で評判悪めのルートだけどこのルートがあったからこそ残りの3キャラの個性が引き立っていると思います。大団円エンドが無かったのが残念。作ろうと思えば作れると思うのに。個別ルート中盤が中だるみしそうになる時もありましたが短い中に上手くまとまっているなと思いました。戦いがバンバン起きてるほうが動きがあって楽しい☆

 

【キャラクター】

私的にスキスキーというキャラはいないんですよね。キャラ萌えできるキャラがいなかったというか。だからと言って苦手なキャラは1人もいなくて普通を前後している感じです。というか攻略キャラ全員なんだかんだで大人な考えの持ち主なので良し悪しどちらの意味でも個性の主張が少ないです。むしろサブキャラのほうが個性立ってます。(特に某ひゃっひゃっひゃっ。)そういえば最初、槐って読めなくて検索して調べました。漢字は苦手ではないのですがまだまだ勉強しないとですね。

以下攻略順に感想です。

月下丸

1番重いルートと言われていますが1番楽しかったです。月下丸って常識人なのに槐のことになると天然というか突っ走るところが可愛くてギャップ感じます。安定の従者だと思っていたら…の展開は薄々察していたけれど最初に感づいたときはビックリしました。ラストは槐の心境とシンクロしてタイトル回収もしてスッキリしますよ。

黒雪

2番目に攻略したのを後悔しました。もっと後のほうが楽しめたかな。とにかくネタバレがあります。こちらも薄々さっせますがそれ以上に抱えているモノが重いです。それを知ってからだと他ルートでの黒雪の行動を見る度に切なくなります。恋愛面では1番年少なのに1番グイグイきます。恋愛過程以前に元から槐のことが女の子として大好きです。

百地蝶治郎

忍びの師匠で従兄弟で蝶兄さまなので恋愛面は薄いです。本当の兄妹ではないけれど「兄さま」呼びなので禁断の愛っぽくてあんまり萌えなかったな。(実際に禁断の愛描写は無いですよー私の勝手な感覚ですー。)終盤痛々しい展開の上にさらに上乗りしてくるので兄さま不遇すぎて可哀想になってきます。そしてあの野郎めクソ野郎ってなります。

服部半蔵

33歳と16歳の年の差二人旅もなかなか良いなと思いました。ただ他ルートと比べると展開が淡々としていた気がしてラストが萌えの宝庫だったのでもう少し早くデレてほしかったな!後日談が見たくてむしろ後日談の方が本編よりみたいぐらいでした。最強の忍び(33)がデレると破壊力ハンパないですね。

石川五右衛門

痛快で爽快なルートでした。五右衛門という泥棒だからこそ成せる技ですね。ハッピーエンドも大団円ぽいので良いのですがバッドも悲壮で輝いていました。とても好みなバッドエンドでした。

〈好きなキャラ順〉

月下丸、半蔵五右衛門黒雪、蝶治郎

月下丸はワンコ(番犬)と男らしさのギャップに、半蔵はデレにやられました。五右衛門はルートの終盤が痛快で楽しかったので。黒雪は人気ありそうなキャラだなと思います。(実際人気だと思われる。)

 

【オススメ攻略順】

月下丸蝶治郎半蔵黒雪五右衛門

を個人的にはオススメするのですが人によってはメンタルゴリゴリやられる場合があるので胸を張って勧められない(´;ω;`) とりあえず月下丸は最初が良いかと…(自信ない)。黒雪はできるだけ最後の方にやるのがオススメ。五右衛門は終わり方がスッキリなので最後にしてますがメンタル気にする方はあえて最初にやるのも良いかと。

 

【グラフィック】

とても美麗でした。同じ悌太さん絵でも十三支演義よりNORN9の絵に近い感じです。立ち絵も戦いシーンでは画面全体を使いビュンビュン動くので新鮮でした。戦っている感がちゃんとありました。

 

【音楽】

前述しましたがOPがとにかくかっこ良いです。エンディング曲もお気に入りで毎回飛ばさず聞いていました。(中盤に出てくる挿絵?が新規絵でかっこ良い!)BGMは戦闘シーンで流れる和ロック風なものが好きです。

 

【その他】

シナリオ回想が未読部分がある章は登録されないので全部登録する為に各ルート2周しなければならないのが少し大変でした。まあ既読スキップ駆使して悲恋エンドもついでに集めればどうってことない!あと後日談があったらなーあったらなー…(特に半蔵様)。DLの追加シナリオは後日談ではないのは残念でしたがどのキャラにもスチルがあるのでネット繋げる方はDLすべしです。

 

百花百狼人気あるみたいなのでFDの可能性はありますが続き書くのが大変そうなキャラもいますし「悲しい戦い」が売りなので平凡な日常シナリオになるとちょっとなーとも思います。十三支2みたいに続編として新たな事件が起こるほうが楽しそう。けれど半蔵様と槐のラブラブ日常もみたい…!とりあえず続編出るのでしたら後日談ください!!

 

遙かなる時空の中で6 感想

 

初めて人気の遙かシリーズに挑戦しました。vitaだしスチル等の絵も美麗そうだったので手がつけ易かった遙か6をプレイ。体験版をやって面白い続きはよやりたいとなり、気づけばDLしていました。いつもはパッケージ版を買うのでゲームソフト初めてのDL購入です。12/15まで半額セールをやっていたみたいでその時に買っておけば良かったと思いつつ、ほぼ定価で購入。いつもは某オークションやフリマアプリ、ネット通販で安めに買うので今回の出費は大きかったです。それでも満足する程、楽しませてもらいました(^^) ネオロマ作品は安定して面白いですね。はやく幻燈ロンドもやりたいです。

 

内容の核心なネタバレは無しの感想ですが少しでも真っさらな状態でプレイしたい方はご注意ください。

 

【ストーリー】

舞台は大正時代の帝都東京。主人公の高塚梓(16)が生きる現代のパラレルワールドという認識で良いのかな?異世界に飛ばされたって書いてあるからタイムスリップした訳ではないと思います。そこには怨霊や憑き闇という謎の病がはびこっていて、終末の予言も出ているほどの危機が起きています。それを解決すべく黒龍の神子として帝国軍に召喚されますが、直後に鬼の一族に攫われてしまいます。両者掲げる目的の為に対立しながら物語は進みます。梓ちゃんは両者の間を右往左往。

序章に始まり1章から5章の中で各キャラのイベントを起こして終章のみが個別ルートなので周回するごとに金太郎飴感が出てきます。ラスボスが同じだからかな。けれどまた似たような展開と思いつつほとんどのルートで終盤泣けます!そこまで感動するような話で無くても泣けるのでストーリーの運び方が良いのかなと思います。私がプレイしたことあるネオロマ作品は金色のコルダシリーズなのですがそちらが明るく楽しくなのに対し遙か6(多分遙かシリーズ全体に言えること)は暗く切なくな印象でした。あとシナリオ量が多く主人公のキャラが立っていました。全キャラ+共通エンド攻略後に開放される大団円エンドは色々とご褒美でした。ニヤニヤが止まらなかったので買った方にはぜひ大団円までプレイしてほしいです!

 

【キャラクター】

攻略キャラは8名。みんな龍神の神子の守護者の八葉です。初の遙かシリーズなのであんまり八葉のことがわかっていません。朱雀、白虎、玄武、青龍の4種でそこから天と地の対に分かれているらしい。神話とかに詳しくないのでそこら辺はフィクションとしてあまり考えないで進めました。

以下攻略キャラについての感想を攻略順に。

有馬一

堅物な軍人さんであの顔だからタイプだろうなーとやったら案の定でした。王道展開です。ある意味天然なのでもどかしくて可愛い。真っ直ぐな心を持つ人。

本条政虎

ネオロマらしからぬキャラ。2つの意味で肉食獣(笑)現実主義であまり優しくないようにみえるけれど最後までやったら誰よりも男前でした。こう見えて可愛いところもありますよ。

ルードハーネ

本作純粋ピュア担当。最年少にして冷静で家事を一通りこなせる大人びた面と恋愛面での子供さが良いギャップになっています。使命と恋情の狭間で葛藤してます。

片霧秋兵

口説いてきてもなお紳士で高貴な雰囲気を醸し出すという不思議。ネオロマならではのキャラだと思います。コルダ3の大地もそうだよね。使っている言葉が何故かお洒落に聞こえる。(レビュウとかシベリアとかw)

ダリウス

見せ場の多いキャラでさすがWメインヒーローの1人でした。有馬とは正反対の意味での王道。面倒くさい(褒め言葉)キャラでした(笑) 

里谷村雨

2重のトラップ(ネタバレ)があるキャラです。最初知った時はビックリしました。とにかく大人で気怠げだけど熱くてかっこ良かった。色々ツボをついてくるキャラでした。

コハク

過去が重かったです。よくあそこまで明るく振る舞えるなと感心。終盤が切なくて涙必須です。純粋で真っ直ぐで心が綺麗な子です。

萩尾九段

梓と千代と九段の3人でワイワイしてるのが最早女子会でした。天然で世間に疎いこともあり所々でクスッと笑えて楽しかったです。

〈好きなキャラ順〉

有馬村雨虎、ルード秋兵ダリウス九段コハク

有馬は最初にやったから特に思い入れがある気がします。村雨は年も中身も大人な彼が健気な女の子にぐらつく様が堪らなかったです。虎、ルードは恋愛面でキュンキュンして乙女ゲームしてる感がありました。秋兵はキャラ自体は好きな方なのですがルートが固かったな〜と。ダリウスは所々泣けるシーンが入りました。九段はとにかく可愛くて微笑ましい。コハクは自ルートも良いけれど他ルートでサブとして出てきている時が一番輝いていた感があります。(当社比です)

 

【オススメ攻略順】

展開がだんだんと金太郎飴になっていくので気になるキャラがいれば初周に特攻するのも有りだと思います。その上で初周は有馬ダリウスがオススメです。Wメインヒーローなだけあり、展開が王道でネタバレも薄いので遙か6の世界観が掴みやすいと思います。九段は共通エンドより後にやったほうが良いです。共通エンドは割とあっさりネタバレしてくるので後にやると物足りなくなりそう。ネタバレとまではいかないけれど憑闇のコハクは終盤にやるのが良いかもです。なんとなく。大団円エンド前の個別ルートのラストは村雨がオススメです。とある真相が明かされるしスッキリする展開なので。

以上踏まえた上で攻略順を考えるとより楽しめると思いますので宜しければ参考にしてみてください☆ 

 

【グラフィック】

とても綺麗でした。特に背景の影絵が幻想的で大正浪漫を引き立てています。立ち絵もいつものネオロマ仕様です。スチルは梓ちゃんの顔がバッチリ写っていたので満足です。(コルダは主人公ちゃんの顔を滅多に写さないから…。)

 

【音楽】

入りが自然で違和感がなく良かったです。盛り上がるシーンで盛り上がる音楽が流れるので感動も倍増します。

 

【その他】

遙か6は何と言ってもカードで戦闘するシステムが売り!だと思うの、ですが…カード集めや育成が苦手なのでそこは苦痛でした。カード系のソシャゲーはいつもその日坊主になります。しっかり育てる為には毎回「はじめから」でプレイしないといけないので10周しました。コルダでは股掛けで進めるのが楽しかったのでそこは残念でした。(トロコン目指してなければ股掛けしても大丈夫ですよ!)あと最後のシーンがダミヘになるのもポイントです。「ここからは3D音声になります」テロップがクライマックスの余韻に浸っている時に出てくるのでこのタイミングで〜〜!!って思いました(笑)私は3D音声よりは通常音声が好きでしたので設定でOFFにしてしまいましたが、囁かれている気分になれるのでダミヘ好きさんにはオススメです。

 

幻燈ロンドは注文したのであとは届くのを待つのみです。はやく届かないかなー。体験版もしっかりプレイ済みで全キャラフラグを立てた状態なので全力待機しています。スチルやサンプルボイスを見るかぎり糖度が上がっていそうなのでより楽しみです(*^o^*)