おひるねびより

乙女ゲームについて気まぐれに。

乙女ゲームのドラマCD 感想リスト

 

乙女ゲームのドラマCDの感想記事を纏めたものです。ネタバレ気にしていないのでご了承ください。市販のCDの感想も書いてますが特典CDが多め。

シチュエーションやボイスCDは苦手なので今後入手することは殆ど無さそうです。ドラマCDのみとなります。ドラマCD大好き(*´-`)

 

◎ナ行

熱血異能部活譚TriggerKiss CD - おひるねびより

◎ハ行

ピオフィオーレの晩鐘 CD - おひるねびより

 

今までに観たアニメリスト

 

今までに観たアニメをリストにしました。全話観たもののみ載せております。

 

2018年

ツキウタ。THE ANIMATION

図書館戦争

カードキャプターさくら クロウカード編

カードキャプターさくら さくらカード

カードキャプターさくら クリアカード編

図書館戦争 革命のつばさ

スカーレッドライダーゼクス

B-PROJECT〜鼓動*アンビシャス〜

◎TSUKIPRO THE ANIMETION

プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ

ニル・アドミラリの天秤

ノルン+ノネット

ダメプリ ANIME CARAVAN

喧嘩番長乙女 Boys Beats Girl

 

2019年

かくりよの宿飯

不機嫌なモノノケ庵

◎京都寺町三条のホームズ

夢王国と眠れる100人の王子様

おとめ妖怪ざくろ

OZMAFIA!!

◎BROTHERSCONFLICT

◎BROTHERSCONFLICT OVA 3作

学園ベビーシッターズ

 

今までプレイした乙女ゲーム一覧


忘れないようにリストにしてみました。トロコン(フルコン)したものには☆が付いています。()内はその作品で好きなキャラです。随時更新していきます。

 

【2015年】
AMNESIA(イッキ)
AMNESIA LATER(〃)
AMNESIA CROWD(〃)
☆Enkeltbillet(増島健二)
☆GlassHeartPrincess(柾木真之介、烏丸幸斗)
☆GlassHeartPrincessPLATINUM(〃)
☆CLOCKZERO〜終焉の一秒〜(英円)
☆十三支演義〜偃月三国伝〜(夏侯惇
☆十三支演義 偃月三国伝2(曹操諸葛亮
NORN9ノルン+ノネット(吾妻夏彦)
☆華ヤカ哉、我ガ一族(雅、進)
☆華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(雅、進)
☆華ヤカ哉、我ガ一族 黄昏ポウラスタ(〃)
BROTHERS CONFLICT PassionPink(風斗)
☆英国探偵ミステリア(ジャック)
アルカナ・ファミリア
うたの☆プリンスさまっ♪repeat
うたの☆プリンスさまっ♪SweetSerenade
金色のコルダ
金色のコルダ2f
金色のコルダ2fアンコール
金色のコルダ3フルボイスspecial(東金千秋)
☆金色のコルダ3AnotherSky feat.神南(東金千秋)
☆金色のコルダ3AnotherSky feat.至誠館(長嶺雅紀)
☆金色のコルダ3AnotherSky feat.天音学園(冥加玲士)
ワンドオブフォーチュン
ワンドオブフォーチュンFD 未来へのプロローグ
ワンドオブフォーチュンⅡ 時空に沈む黙示録
ワンドオブフォーチュンⅡFD 君に捧げるエピローグ

29作品

 

【2016年】

〈1月〉ノルン+ノネット ラストイーラ(夏彦)

〈3月〉☆プリンスオブストライド
金色のコルダ4(冥加、東金)

〈4月〉☆剣が君forV
Code:Realize〜創世の姫君〜(ルパン)

〈5月〉☆ワンドオブフォーチュンR(ノエル、エスト)
☆レンドフルール(ルイ、ギスラン)

〈6月〉十三支演義 偃月三国伝1・2(曹操夏侯惇

〈7月〉☆ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑忌憚(滉、累)
☆華ヤカ哉、我ガ一族 モダンノスタルジィ(偶数兄弟)
〈8月〉☆Collar×Malice(尊)

〈9月〉絶対迷宮 秘密のおやゆび姫
ゆのはなSpRING! (高平)
ゆのはなSpRING!CherishingTime(高平)

〈10月〉☆薔薇に隠されしヴェリテ(ロベスピエール
CLOCKZERO〜終焉の一秒〜ExTime
☆数乱digit(巡)

〈11月〉☆絶対階級学園(陸)
☆7'scarlet(ユヅキ)

〈12月〉☆百花百狼〜戦国忍法帖〜(月下丸)
遙かなる時空の中で6(有馬)

21作品

 

【2017年】

〈1月〉☆遙かなる時空の中で6 幻燈ロンド(有馬)

☆大正×対称アリス all in one(シンデレラ、赤ずきん

☆下天の華 with夢灯り 愛蔵版(信行、蘭丸)

 〈2月〉

喧嘩番長乙女(キラリン)

☆剣が君 百夜綴り(左京、縁)

遙かなる時空の中で3ultimate(九郎)

 〈3月〉

 遙かなる時空の中で3 運命の迷宮 愛蔵版

☆華ヤカ哉、我ガ一族 幻燈ノスタルジィ

〈4月〉

☆戦場の円舞曲(アベル

〈9月〉

喧嘩番長乙女 完全無欠のマイハニー

〈10月〉

ニル・アドミラリの天秤 クロユリ炎陽譚

〈11月〉

KLAP〜Kind Love And Punish〜(カミル、壮介)

KLAP FunParty

☆Side Kicks!(チカ)

Code:Realize〜祝福の未来〜

〈12月〉

☆蝶々事件ラブソディック(遥、将成、イ織)

☆吉原彼岸花 久遠の契り

☆明治東亰恋伽 FullMoon(藤田)

計18作品

 

【2018年】

〈1月〉

金色のコルダ2ff 

☆Re:BIRTHDAY SONG 恋を唄う死神 〜another record〜 (シュン)

 ☆Un:BIRTHDAY SONG 愛を唄う死神 〜another record〜 (静流)

☆英国探偵ミステリア The Crown (ジャック)

〈2月〉

Code:Realize 〜白銀の奇跡〜

遙かなる時空の中でultimate

〈3月〉

☆あやかしごはん〜おおもりっ!〜

〈4月〉

☆熱血異能部活譚 TriggerKiss(大和)

☆カエル畑deつかまえて(広瀬)

☆大正×対称アリス HEADS&TAILS

〈5月〉

☆カエル畑deつかまえて 夏・千木良参戦(広瀬、千木良)

☆天涯ニ舞ウ、粋ナ花(惣介)

〈6月〉

☆忍び、恋うつつ 雪月花恋絵巻(半蔵)

〈7月〉

☆黒蝶のサイケデリカ(緋影)

☆Collar×Malice unlimited

〈8月〉

☆CharadeManiacs(メイ)

☆三国恋戦記 オトメの兵法(仲謀)

〈9月〉

☆三国恋戦記 思いでがえし

☆ピオフィオーレの晩鐘(楊)

〈10月〉

金色のコルダ3フルボイスspecial(東金、冥加、響也)

金色のコルダ3AnotherSky

〈11月〉

スカーレッドライダーゼクス (タクト)

〈12月〉

☆蝶の毒、華の鎖(斯波、真島)

 

【2019年】

〈1月〉

☆悠久のティアブレイド LostChronicle(ヤジュル)

〈2月〉

☆悠久のティアブレイド Fragments of Memory

〈3月〉

喧嘩番長乙女 2nd Rumble!(天馬)

〈4月〉

☆VARIABLE BARRICADE(壱哉)

〈9月〉

☆OZMAFIA!(シーザー、スカーレット)

 

【2020年】

〈1月〉

・青春はじめました!

☆BUSTAFELLOWS(スケアクロウ・シュウ・モズ)

 

2020.0218 更新    

 

 

BUSTAFELLOWS 感想 ※ネタバレ注意

 

いや〜〜とっても面白かったです。終わらせるのが惜しいくらい。最近やった乙女ゲームの中では1番ハマりましたしあっという間に終わらせました。乙女ゲーム進めるのが鈍足な私でも1週間以内でフルコンしました。空き時間全部使ってやってた。そのくらい面白かったです。いつもは各ルート終わるごとに感想書いていましたが感想書かずにどんどん進めてフルコンしてまとめて書いているので内容薄目かもです。

以下からネタバレ考慮せずに書いているので未プレイの方はご注意下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ストーリー】

とにかくシナリオが面白い。プレイ前に恋愛過程丁寧!というレビューをよく見かけていた気がしますが恋愛過程は言う程丁寧では無かった気がする。いつ友情→恋に変わったんだろうというキャラもちらほらいたし。でも皆無なわけじゃなく前作のSideKicks!をやった人からしてみたらおお恋愛してるー!と思うはずです。SideAで事件を通して仲を深め合いSideBで恋人になった甘いところも見られる。糖度は完全に補完されてます。でもSideAは仲が深まっていく様子(これを恋愛過程と呼ぶかは人によるかも)は良かったですし何より事件が面白い。なんて言ったらいいんでしょう、シナリオに無駄がない感じがして読み進めててダレません。読みやすいです。

 

【キャラクター】

プレイ前:スケアクロウ→リンボ→モズ→シュウ→ヘルベチカ (攻略順)

プレイ後:スケアクロウ→シュウ→モズ→→→リンボ→→ヘルベチカ

とにかくクロちゃんが可愛い。顔隠す立ち絵可愛すぎ。テウタの事を可愛いって言うクロちゃんが可愛い。でも自分のルートより共通や他のキャラのルートのクロちゃんが好きかも。自分のルートだとちょっとかっこ悪かったしBADENDは気持ちはわかるけどパパ優先でテウタの事は考えてないんだなと思っちゃった。でもクロテウカップルは可愛くて好き。SideBはニコニコしながらやってた。

シュウはほんっっっとうに萌えた。糖度でいったらリンボやヘルベチカの方が上だと思うんだけどあの感じであれはずるいって。テウタの事心の底から大切なんだなって。共通まではテキトーな人なのかなって思ったけど意外と考えてるしお師匠様の意思を継いで一途だし落ち着いてるし変に突き放さないで「迷惑かけたくないけど頼っちゃうかも」みたいな事言うし尊いです。良い感じの年上彼氏って感じ。あんな人いたら私も憧れる。ヤンもお顔も中身もかなりタイプなんだけど本当に女なのかな…。シュウのチャプタータイトルの「The yellow rose of Texas」が洒落ててすごく好きです。

モズはまず本当にお顔が好きです。特に瞳がめちゃくちゃ綺麗。それにプラス多分攻略キャラの中で精神面は1番強いんじゃないかな。他キャラが個別で沈みゆく中モズだけは凛としてた気がする。いつでも冷静ですごく頼りになるし。ユズを見つけた時悲しみにくれるのではなく笑顔で「待たせてごめんね。おかえり。」と言うのはグッときて涙腺崩壊したしその後テウタの前で堪えきれずに泣いてしまうのも私も泣いた。モズのルートは泣ける。クロちゃんとはまた違った意味でのピュアな恋愛ができそうで萌える。

リンボは意外と弱さが目立ってたと思う。もうバッドエンドがキツすぎてね、テウタちゃんのスチルあるのが…。でも付き合ってからは甘々でおっふってなった。でも私は上3人の方が萌えてしまったから多分甘々よりもピュアな方が好きなのかもしれない。

ヘルベチカはこの中で1番過去が重かったのが意外だった。余裕綽々としているよりは弱さを見せていた方が好きですね。ニコラのスチルあったけどそっちの方がお顔がタイプ(小声)。付き合ってからも何だか面倒くさそうだなって思ってしまったごめん。同じ独占欲でも表面的に出してくれた方がまだ萌えられたかも。

 

【真相】

共通から追ってる謎が全員分の個別ENDを観ると真相枠が開放されます。個別はそれぞれキャラの事件メインになるため真相部分は殆ど触れられておらずどのキャラから攻略しても平気なのも頷けます。ってかサブキャラ殆どルイロペス関わってない(笑) フルサークルの方はまさかアレックスがルイロペスの兄弟だとは思ってなかったし地方検事さん(名前忘れた)が真の悪だとは思わなかった。でもこの人立ち絵ある割には影薄いな〜と思ってた。カルメンさんがアレックスのお兄さんの恋人でお兄さんは瀕死状態でって色々繋がってるな〜と。カルメンさんがフルサークルの管理人なのもびっくり。でもそれだけじゃ終わらず次はテウタ兄の真相。テウタ兄がクソすぎてびっくりした。アダムは最初からなんか臭いな〜と思ってたのでやっぱり訳ありかと思いました。でもアダム視点だとだんだん頭がおかしくなっているなと思い訳分からなかったです。アダムがテウタとルカを助けるために兄を殺したのはわかる。でも幻が見えるのは脳腫瘍だから?いつ脳腫瘍にかかったの?と。サウリ先生はヘルベチカルートで良い人やあとなっていたばかりに真の悪人みたいにする必要はあったかなと思ってしまった。個人的な趣向は大団円チャンチャンッってのが好きだから後味悪いなと思ってしまった。でもまたそれも人によっては良さだと思います。

 

【グラフィック】

まず枚数が多い。差分がハンパないスチルあります。イラストも立ち絵と変わりなくシナリオに溶け込んですっと入ってくる感じが良かったです。スチルじゃなくても立ち絵の種類が豊富で後で画像欄見てみたら無いものもありこれって立ち絵だったんだとびっくりしました。キャラ達の瞳がキラキラしてて綺麗で宝石のようだった。各キャラごとのテウタの水着のスチルがあったのが良かった。

 

【その他】

演出がとにかく凄い。背景動く音声重なって聞こえるスマホでビデオ電話車の運転などなど。次回予告があるのが好きです。普通の乙女ゲームとは一味違った感じ。

システムも最初はスキップながーいと思ってたのですがアプデが来てジャンプスキップできるようになりスイスイ快適になりました。

 

 

FD欲しい、または新作でもこんな感じのサスペンスを作っていただきたい。文化放送エクステンドさん。応援してます。

 

忍び、恋うつつ 雪月花恋絵巻 感想

 

ネタバレご注意ください〜〜

※あんまり良い事書いてないのでこの作品が好きな方や酷評は見たくない方はリターンお願いします🙇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっとトロコンしました。忍恋。買ったの去年の6月とかなんですけど2回挫折して積んで3度目の正直でようやく全キャラ攻略終えました。正直あんまり面白くなかった(好きな方すみません)。でもやる時期によって変わるかな〜。買った当初は乙女ゲームやりまくってた時期だったので頭のどこかで他のソフトと比べてしまったり乙女ゲーム自体に少し飽きている時期だったのかもしれないです。最近やった時は4ヶ月ほど乙女ゲームお休みしてた2作目だったのでハマる!!ということはなかったのですが粛々と進めることができました。この作品はストーリーを楽しむというよりイケメンに甘い言葉を言われて胸きゅんするゲームだと思うのでそこを楽しめるかどうかで評価変わってくると思います。私はな前触れなく甘い言葉囁かれても木魚の音を聞いているかのごとく聞き流してしまうタイプなのであまり響く作品ではなかったです。前後の展開やらキャラのギャップやらでキュンとくるタイプなので。でもその点服部半蔵だけはグッときました。完全な敵キャラがヒロインに惚れる構図大好きです。我来也も敵キャラといえばそうですが最初から味方寄りな心情だったのでキュンとはしませんでした。でも喋り方可愛かったのでいい子いい子したくなった。ということで私の忍恋での好きなキャラランキングは…

半蔵(ダントツ)→蔵人→我来也→咲助→大介→秀虎、義家、忠人、鎌清、幸影

です。半蔵がかなり好きなので後日談やりたいのですがゲームソフト買ったらフルコンしなきゃ気が済まない性質なので全員分やるのは面倒いな〜とも思ってしまいます( ˊᵕˋ ;) 多分よっぽど暇&やる乙女ゲームが無い時じゃないと買わないだろうな。それかかなりお買い得になった時か。このゲームの個人的評価が低いよ要因に主人公の存在もあると思います。かえでちゃん、むっちゃ苦手です(笑)見た目もどう考えても可愛いとは思えないのに可愛い可愛い言われるのも違和感ありますしすっごく怪しいのに全く疑わないし理不尽に苛められても自分のせいだと自己犠牲する。要は純粋知らなさすぎる良い子ちゃんすぎて鼻につくんですよね…。私の好きなヒロインは気が強かったり自己主張激しいタイプなので余計にそう思うのかもしれません。それにしても大抵のヒロインちゃんは(性格が苦手でも)見た目可愛い〜♡となるのにこの子は全くならなかった…。絵もそんなに好きじゃなかったです。立ち絵のイラストは綺麗だと思うんですよ。でもスチルが…はっきり一言で言ってしまうと酷くて。崩れすぎというか今までやってきた乙女ゲームで1番スチル好きじゃなかったです。色も原色!って感じで好みではなかったです。花吹雪恋絵巻よりかは雪月花恋絵巻(+大ハーレム)のほうがシナリオもヒロインもスチルもマシだった気がします。花吹雪〜の方は乙女ゲームアプリっぽい感じでした。レビュー評価高かったので買ったのですがイマイチ評価高い理由がわからなかった…。多分スマホの乙女アプリが好きな人は比較的好きになるのかなと思います。

 

 

OZMAFIA vivace 感想

 

ミニアニメ(?)みたいなのをやっていてそこから興味を持ちOZMAFIAやります〜。最初気になってるキャラはスカーレットくんとシーザーさんです。

 

共通+キリエ

あのですね、OZMAFIAやり始めた時期が乙女ゲーム倦怠期+合宿でしばらく家を離れなきゃいけない時期だったんですよ。なので共通を終わらせてキリエと両想いになったところで3ヶ月ほど乙女ゲームから離れていました。なので記憶が曖昧…。でも共通はめっちゃ長かったように思います。多分倦怠期だったのも影響しているとは思うのですがいつになったら個別入るんやろと思ってやってました。共通はオズと行動を共にすることがほとんどだったのでどこが共通ルートでどこがキリエイベントなのかがさっぱりわかりませんでした。2周目やってようやくここが共通ルートだったのか~と思ったりしてました。主人公のフーカは典型的な「問題に自分から足突っ込んでいく」タイプでお馬鹿なので好み別れるような気がします。私も主人公にイラっとすることはほぼないのですがフーカは時々イラっとしてしまいました。可愛いと思うところもあるんですけどね。共通ルートでもさまざまなファミリーが出てきてワイワイ楽しく個別でも乙女ゲームにありがちな「二人だけの世界」にならずに他のキャラも出てきたのは好印象でした。わちゃわちゃ好きならやって損はなし!さてキリエですが掴み所がないというか腹の底でなに考えてるかわからないキャラなので恋愛過程がよくわからなかったです。なぜフーカのことを好きになったんだろうと。キリエみたいな頭が良い計算高いキャラはフーカみたいなタイプはあまり得意ではなさそうだな、と。だからこそ好きになったのかもですが。個人的には恋愛過程は微妙に感じました。お遊びで告白したり命よりも大事なキリエにとっての知能の部分の本物ではなくレプリカを渡して試したところはキリエらしいなぁと思いました。4キャラやった時点で記事書いていますが糖度は1番高く感じました。興津さんの演技も素晴らしかったです。

 

スカーレット

気になってたキャラその1のスカーレットくん。見た目がドンピシャで好きです。(身長がもう少し高ければ最高…!なんて言ってみる。)スカーレットは逆に仲良くなる過程はしっかりわかります。でも糖度が微糖もないくらいだった。スカーレットから告白→フーカも返事するもスカーレットは寝てしまう、だったので実質想いが通じあってない形でENDだったんですよね。せめて手を繋ぐとか微笑ましい感じでもいいからイチャイチャが見たかった…!でも掟に忠実なスカーレットがフーカに避けられた時に追いかけて引き留めるシーンは胸キュンでした。それにしてもスカーレットがオズに入って結ばれる形なんだね。てっきりフーカがグリムファミリーの方に行くのかと思ってた。あと事前情報見てなかったからハーメルン出てきたとき誰やねん状態でした(笑) ストーリー的にも攻略制限的にも重要人物っぽいし真相に近い人物なのかな。スカーレットがフーカが見上げるくらい身長高くなった姿が見てみたい。

 

シーザー

気になってたキャラその2です。結論からで申し訳ないのですが何故、シーザーは獲物と言ってフーカを殺そうと執着してたんだろ…。そこらへん最後まで全く描かれてなかったからずっと不思議でした。真相ルート的なやつで出てくるのかな。それにしてもシーザーチョロい(笑) でもそこが可愛いし憎めない。恋愛過程もわかりやすかったと思います。嫌われもののシーザーに根気よく笑顔を見せてくれたフーカをそりゃ好きになるよね。でもだったら何故殺そうとしてたんや…とループする。ハーメルンみたいな何か気づかない内に操られてたんかな。糖度も結構あって胸キュンでした。ラストスラム街をウォールフガング領にして街に住むとは思ってなかった。

 

カラミア

"THE王道"という感じのルートでした。カラミア自身もメインヒーローらしいキャラですし。純粋でまっすぐなお嬢さんに恋をするのもわかります。そしてお似合いだと思います。カラミアって好青年で明るくハツラツなイメックスだけど意外と読書家で大人っぽい一面もあるんですよね。それにボスという地位、名声もあるなんてモテ要素の塊みたいなもんです。カラミアの旅で得たものは「勇気」です。だからフーカを間違って撃ってしまいその勇気を失い弱虫なライオンになるのです。こういうキャラって個別で弱気になるよな~と思いながらやってました。でもフーカが拐われたと知り弱虫を克服。ラストのフーカを片手に銃を構えていっちょやってやるか~なスチル好きです。それにしても夜中は危ない上に仕事をしてるのに会いに行ってカラミアを傷つけるフーカにはちょっと「…」となりました。まあ主人公が動かなきゃ物語進まないんですけどね。

 

パシェ

女の子キャラなのにオマケとかではなくガッツリルートがあって嬉しかったです。百合展開苦手なのでなったら嫌だなと思ってましたが杞憂でした。しっかり友情ルートで女の子同士のやり取りみるのも可愛くて好きなので1乙女ゲームに1ルート合ってもいいなと思いました。ただ攻略キャラのことを一時的とはいえ好きになるので駄目な人はいそう。私も次にアクセル攻略しようと思ってましたがパシェが頭の中よぎりそうだったので違うキャラにしようと思います。清く正しくかっこいいパシェがお洒落や恋など女の子らしくなっていくのは可愛かったし結局自分らしくいようとする姿もよかったです。他ファミリーで支配者層と被支配者層という違いがあり永遠はないとわかっていつつもフーカが幸せをつかみとるまで傍にいて支えようと素敵な友情でした。可愛い女の子が仲良くなる姿も微笑ましいですね。

 

オスカーワイルド

オスカーワイルド3人のルートです。このルートのフーカちゃんにはいつにも増してイライラしてしまった…。やるなと言われたことをやるを繰り返してて、それが計算高い女の子とかだったら良かったのですが天然で良い子なキャラの子になんも悪いことしてないよ~な顔でやられると…ちょっとね。そうしなきゃストーリーが進まないのもわかってるから余計にもどかしい。とにかくフーカを何度も助けようとしたマンボイが可哀想でした。でも妖しい感じのエンドは好きなので悪くなかったです。vitaで追加ルートだったらしいのでPC版でRシーン見てみたかった気もします。最後館の主になったフーカを見てキリエがどんな反応をしたのか気になる…。

 

アクセル

カラミア、キリエは旅で得たものが壊れたら別人のような変わりようでしたがアクセルは最初の客人と呼ばれてた頃に戻った感じでした。"心"がアクセルの得たかったものらしいです。正直アクセルルートの印象薄くて感想も薄っぺらいです。銃弾に撃たれまくって重症だったソウが少し目を離したら忽然と消えてしまったのがすごく気になります。

 

ロビン・フッド

ロビン先生、お顔綺麗すぎませんか。ずっとカラス面でルート進んでいくのかと思ってたので美しいお顔出てきて良い意味で驚きでした。その上、落ち着いていて3次元にいたらめちゃくちゃタイプな人でした。でも結婚して妻がいる設定なので地雷な人は多そうですね。個人的には恋愛にならないで先生と助手みたいな関係性のままでも面白いのかなとは思いました。奥さんを愛しすぎていてフーカの入る幕が無さそうだったけど結局奥さんに背中を押されてフーカと結ばれる…。いや、奥さんに自分のことは忘れろ言われて忘れようと努力するのはわかるけどそんなにすぐフーカに愛を囁けるほど切り替えられるのかなと思ってしまった。それにしても奥さんはロビンの親友だったハーメルンに結婚式当日に撃たれて寝たきりになったらしいです。ハーメルンの事件の全貌が見え始めてきた。

 

ハーメルン

共通ルートも全く出てこないし個別に入って3分の1くらいハーメルンのハの字も出てこなかったのでなかなか出てこんな~と思ってました。フーカが倒れていた路地裏に倒れていたハーメルンを助けて教会で密会(?)をしてました。他ルートに比べるとハーメルンと関わる時間が圧倒的に短いからか展開が早かった気がします。最後は捕まり檻を隔てての関係となるのでハッピーエンド!って感じではなかったです。ハーメルンルートでの新事実で大きな罪を犯したハーメルンですが自分の意思ではなく操られて無意識でやっていたことだったみたいです。一体この街で何が起こってるのやら。

 

ソウ

全キャラ1ENDは見なきゃいけない攻略制限がかかっているソウくん。明るくて人懐こくて良い子だな~という印象。ラストが衝撃すぎてその印象が強い。逃避行している途中で体調を崩して街に戻ることになったソウ。診療所に預けたものの翌日に亡くなっちゃうって…。乙女ゲームのメインENDで攻略キャラが亡くなるって衝撃的ですよね。しかもロビン先生が少し目を離した隙に一輪の花を残して消えてしまうって。幻のようなソウに「いつも見守ってるよ」と告げられ気づいたときには一輪の花を持ってるって終わりで乙女ゲームにしては独特なルートでした。

 

エピローグ

真相が明らかになっていきます。フーカはオズ3人とともに旅をしていたドロシーの精神体であること。街や人々はドロシーが3人のために作ったこと。支配者層は魔法で作られているため死なないこと。塔から出てしまったドロシーを戻すために塔であったソウが意思と身体を持ったこと。シーザーはドロシーの外部に漏れた魔法であること。シーザーのフーカを殺したいという想いはソウに意図的に植え付けられたものであること。ハーメルンは元々平和主義で優しかったがそれでは都合が悪いからとソウによって操られ惨劇を引き起こしてしまったこと。その他諸々。とりあえずハーメルンとシーザーが可哀想すぎる。そしてソウが今まですごく良い人だったギャップからか目的があるにしろ嫌な奴にしか見えない…。ソウルートのソウはフーカを呪縛から解き放とうとしたイイ人、エピローグのソウは目的のためなら手段を問わない残酷な人に見えました。小さないざこざはあったものの平和に過ごしてきてプレイヤーとして思い入れが出て来はじめたキャラ達が殺しあいほぼみんな死んでいくのはなんかむごかったです。みんなを生き返らせ街に平和を取り戻しドロシーと融合し消えていったフーカのことをみんな忘れてしまう。キリエ以外。キリエは頭が良いから覚えているのか、他に特別な理由があるのか。キリエがドロシーをみんな忘れてしまったようにフーカのこともみんな忘れてしまい自分だけ背負っていくことに絶望して終わりとなり何とも後味が悪い終わりでした(笑) グランドフィナーレは全END解放後に見られるみたいなのでフルコンするモチベが薄くなってたのでちょうど良かったです。三角関係ルートが進める気が起きなかったんだよね。PC版だとグランドフィナーレが無かったらしい?のでかなりメリバな終わりだったんだなと思います。

 

グランドフィナーレ+全クリ感想

フルコンしました〜。最初は「長っ!!」と思っていましたが長かったのは共通ルートだったみたいで個別はそこまで長くはなかったです。ただキャラ数が多い上に三角関係ルートもあるのでボリュームはあったかなと思います。甘さは、うーーん。個人的に胸キュンしたのは推しのシーザーさん位だったかな。多分これは私が乙女ゲームやり過ぎて感覚麻痺している部分もあるだろうし、この作品自体萌え〜ってなる作品でも無かったかなと思います。恋愛模様は割と王道というかありがちな感じ。でも設定がかなり特殊でした。攻略キャラ同士の三角関係があったり既婚者がいたり。わちゃわちゃ好きな私からしたら個別ルートに結構他のキャラ出てくるしわちゃわちゃしていたので概ね満足。ラストの展開がシーザーorハーメルンがラスボスになってくると金太郎飴でしたが。キャラと雰囲気を楽しむゲームという感じです。でも本筋はしっかり作られているのでキャラゲーって訳でもない。なんだか不思議なゲームでした。推しはシーザーさんとスカーレットくん。シーザーさんは予想以上に良いキャラで胸キュンもしたし大満足。スカーレットくんは微糖だったけどお顔好きです。銃をフーカに突きつけるスチルが特に好き。主人公フーカですが正直今までやってきた乙女ゲームの中でTOP3にイライラした主人公でした。天然可愛い何もできなくてもみんなから愛されるかつ行くなやるな見るなの三拍子をすぐ破る子で色々重なってるなと(苦笑)でもエピローグで声が付くと不思議とイライラしなかったです。そういった行動取ってなかったからかな。グランドフィナーレはフーカが街に戻ってきてハッピーエンド!という感じでご都合主義感もありましたがそれでも個別ならともかく全体エンドがバッドだと後味悪いので良かったのかなと思いました。

余談ですがいつも全スチルをスクショしてPCに送ってるんですよ。(私が個人的に見返す用に。)でも今回送ってる最中に接続が切れてどこまで送ったかわからなくなったのでPC内のOZMAFIAのスチルは一旦削除して送り直したんですよ。そうしたら「いくつかのコンテンツが送れませんでした」というエラーメッセージが出てきて送れず…。スチルスクショし直してもメモカフォーマットしても本体初期化しても駄目だったのでPCの問題かなと。治す方法が見つかるといいなあ。

 

 

アニメ ポケモン サン&ムーン を語りたい

 

タイトルの通り、アニメ ポケットモンスター サン&ムーンをただただ語るだけの記事です。

ポケアニアローラ編大好きなんですよ!!!もう全ての話2回は見直してますし好きな話に限っては4.5回見ています。まさかこの年でポケモンにハマるなんて思わなかったー。でもこの作品に出会えて良かったです。元々はポケモンGOに復帰してアニメも観てみるか〜のノリで観たのでポケGOには感謝しかないです。

個人的なサンムーンの見どころを挙げたいと思います。

◎シリーズ初の学園モノ

今までは旅をしていましたがアローラ編は学校に通います。定住します。ですので旅をしていたらできなかったお話も描けます。(クラスメートの家庭の話だったりポケモンゲットまで何話かエピソードがあったり他にも色々)。

◎過去最高のメインキャラの多さ

ですよね?ガッツリ見てないシリーズもあるので間違ってたらすみません。サトシに加えてカキ・マーマネ・リーリエ・スイレン・マオのポケモンスクールの仲間、そしてククイ博士がほぼ毎回出てきます。みんなでわちゃわちゃしつつも各々の問題を乗り越えたり夢を叶えようと成長する姿が素敵です。

◎個性豊かなポケモン

個人的にはココが1番重要。ポケモン達の個性が強くなっていて表情豊かでそれがもう愛おしいんですよ。みんなボールからポケモンを出して生活してることが多いからバトル以外で普通の生活の中にポケモンの姿があることが凄く尊い。あと人間達が話してる脇でキャッキャ遊んでるポケモン達が可愛い…♡

ロケット団の魅力

今までのロケット団ってポケモン盗む→やられる→やなかんじぃ〜がお約束でそれもそれで面白かったのですがマンネリ化してた面もありました(個人的に)。今回はキテルグマとの謎の生活をしていたり今まで通りポケモンを奪いにきたかと思えばドーナツ屋さんになったり司会したりZ技使って強くなったり"正義の悪"の名に相応しい行動をしたりと魅力的やな〜と思ってしまいました。いくつかあるロケット団回も面白かったです。

 

サンムーンで好きなポケモン…と言われるとすごーーく迷います。サトシのポケモンもスクールの仲間のポケモンもみんな好きです。でも選ぶとしたらピカチュウモクロールガルガンニャヒートアローラガラガラ・ナギサですかね(多い)。

 

ここからはおすすめのお話を書きたいと思います。

◎泣ける話

・21話 ニャビー旅立ちの時!

・90話 未来へつなげ!かがやき様の伝説!!

・108話 カプ・レヒレの霧の中で

ベベノムとの別れで未来コネクションが流れる演出はズルい…泣くしかない…!ニャビームーランドの別れと再開は泣けました。

◎劇場版!?なシリアス回

・44話〜55話 ほしぐもちゃん編

・(67話〜)87話〜90話 ベベノム

・100話・101話 ゼラオラ

サンムーンは劇場版が無かったのですがその分本編で劇場版並みのシリーズがありました。アニメだからこそできる日常回も含めた長尺も魅力でした。タイトルコールのBGMが「ダダダダンッダダダダンッダーダーダーダン」だったらシリアス回です。

ポケモン

・16話 小さな三匹、大きな冒険!

・126話 ピカチュウのドキドキ探検隊!

ポケモン主体のお話もいいものです。癒されます。

その他好きな回

・14話 勇気の結晶、リーリエとロコン!

・15話 爪あとの丘、イワンコルガルガン

・30話 リーリエ、ピカチュウをかわいがってあげてね

・34話 炎のバトル!ガラガラあらわる!!

・37話 イワンコといのちの遺跡の守り神!

・42話 カントーでアローラ!タケシとカスミ!!

・63話 燃え上がれニャビー!打倒ガオガエン!!

・68話 お仕事体験!ポケモンセンター24時

・70話 牧場を守れ!逆襲の蒼き炎!!

・75話 カプ・ブルル!ぐーたらモー特訓!!

・80話 サンドの嵐!氷穴のダブルバトル!!

・81話 アローラの若き炎!ロイヤルサトシ誕生!!

・86話 ココにきめた!ポケモン湯けむりパラダイス!!

・97話 匠のフクスロー!!!眠りのモクローzzz

・99話 イーブイどこいくの?あのコに会いにどこまでも!

・102話 アローラでアローラ!タケシとカスミ!!

・103話 岩をも砕く熱きハート!ライチとタケシ!!

・105話 ルガルガン決戦!サトシVSグラジオ!!

・112話 新種発見!メルタン、ゲットだぜ!!

・123話 Zワザを極めろ!灼熱のカキ合宿!!

 

あと大試練も見どころだと思います。(今まででいうジムバトルみたいな!)

・10話 メレメレ島

・36話 アーカラ島

・77話 ウラウラ島

・109話 ポニ島

 個人的おすすめはウラウラ島の大試練。ルガルガン一匹で三匹倒さなければならず暴走しがちなルガルガンが覚醒します。

 

129話〜現在放映中のアローラポケモンリーグも熱いです。よく知ってるキャラがトーナメントで残ってるので(悪く言えば身内リーグですが😅)どの戦いも見どころあり。ただVSハウ戦は少しモヤッたなぁ。試合中に寝たら試合放棄で負けにならん?サトシ勝たせるシナリオが決まってたとしてももう少し勝ち方あったと思うなあ。

でもマオvsスイレンやカキvsマーマネロケット団対決など熱い試合も多くて概ね満足です☺️ 決勝はサトシvsグラジオかな楽しみ!個人的にはルガルガン対決かなと思ったけど3連続ルガルガン出すことあるのかな?と思ったからシルヴァディかな〜